読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作ゲームを作るブログ

自作ゲーム(ADV)を完成すべく、モチベ維持のためブログを始めました。コメントなどなど反応してくれると尻尾ふって喜びます。

初めてのデジゲー博

さて…激動のデジゲー博が終わって一夜明けました。僕のブースがハタから見て激動といえるほど賑わってたかはともかく、自分にとっては何もかも初めての経験でした。

展示なんかしたことないし、そもそもこのゲーム、人に見せたことがない。ひたすら一人で「このゲームはいける!」と信じて作ってきたわけですが…初めて人がプレイしてるのを見ると、嬉しいやら恥ずかしいやら。

 

色々な思いがありますが、僕のツイートと共に昨日一日を振り返ってみます。

 

 

先ずは朝。ちなみに直前まで徹夜で作業してたので睡眠時間は三時間弱でした。朝イチでコイツを印刷して秋葉原へ。

 

 

九時からサークル参加者は入れるのですが、僕が到着したのは10:15。どうせ設営なんて大して無いし…などと思っていたのですが。

 

 

ツイートの発言からわかるとおり相当精神がやられています。緊張とタイトル画面ができていないショックで言語能力が衰えてますね。

 

設営できた時点で11時ピッタリ。僕が到着した時点で人がゾロゾロ並んでたのですが、それが一斉になだれ込んできました。

 

「怖いよーッ誰か遊んでくれるかなァこのまま誰も来ないで一日終わるとかあり得るなぁ嫌だなヤだな」とか頭がグルグルしてるところに、誰かが僕のブースの前で止まった!

遊んで遊んで!って言ったらホントに遊んでくれた!!わぁー初めての客だ嬉しいなぁ、とか思ってたら何と。

emerでお馴染み高校生クリエイター、ますだくんでした。

 

 

差し入れまでくれる想像以上のナイスガイ!実は同い年で、ツイッターでお話ししてたのですが…ホントに来てくれるなんて。

ちなみに彼のプレイのおかげで重大なバグが見つかりました。

 

その後はipadのスライドショーを置いたり、ゲームジャンルを書いたり(そもそもサークルカットにすらジャンルも連絡先も書いてなかったんだけど)

地道な努力のおかげか、足を止めてくれる人も増えてきました。

 

っと、ここで展示してて気付いた良かった点、悪かった点について羅列しましょう。

 

良かった点

  • 知らない方が遊んでくれて、お誉めの言葉をいただいたりする

当たり前ですが新鮮でしたね…だいたい他人が僕のゲームを触ってるだけでゾクゾクくるのに、感想を言ってくださると、もう…

 

  • 後半の「永瀬」と「大河原」の証言内容がリンクするところで、プレイヤーが無言でウンウンうなずいてくれた

感想に関してはリップサービスもあるでしょうが、ここら辺の反応は間違いなく本物。そうそう、ザッピング物はそれが醍醐味なんだぜ!って話したくなります。

 

  • ライターさんがプチ取材してくれた

これはビックリした。名刺までもらっちゃったし。

どんなゲームなのか聞かれたけど、落ち着いて喋れず説明もしどろもどろ。ちゃんと伝わったかしら…

ひょっとしたら、AUTOMATON様にこのゲームの記事がのるかも!?って感じでした。続報を待とう。

 

 

悪かった点

  • 体験版が長い

これのおかげで、最後まで遊んでくれる方は数えるほどしかいませんでした。まぁ、短くても途中で帰られたかも知れませんケド。

声をかけるこちらとしても、若干躊躇してしまう原因になりました…

 

  • 配るものがない
  • マウスを忘れた

チラシなんか作る暇はなかった!マウスだって忘れたけど、忘れたもんは仕方ない!!

おしまい。

 

  • 操作を間違えるプレイヤーがチラホラ

チュートリアルが不十分でした…完成版ではシッカリとした説明をいれます。

 

  • 逆転裁判×428みたいなゲーム」という説明は、逆にわかりづらい

逆転裁判感はプレイした方の殆どが感じたようですが…

ADV好きです!って人でも428はプレイできてない…とか、そもそも知らない人が殆ど。説明したところで、どこがどう混ざってるのか逆に混乱する人も。

こー言う説明は二度としません。これは「尋問ザッピングADV」という全く新しい格闘技…じゃないADVゲームです。

 

  • イマイチな表情で帰る方も…

これに関しては僕の力量不足、それ以外の何者でもありません。ミステリ好きらしき方がプレイしてくださったのですが…うーん…手応えマイナスって感じでした。

 

 

 

…とまぁ、こんな感じで刺激的な時間でした。もう、他のブースなんて見てる時間がない!気になってた自転車創業の新作には長蛇の列、そもそも会場自体が混みに混んでいて、一人出展の孤独をヒシヒシと感じました。

 

 

昼飯もなく、16:00の終了時間を迎える頃には「もう客なんか来なくていいや…」と半分本気で思うぐらい疲れてました。いや、思っていた以上に色々な方が遊んでくれたんです。

そんなこんなで終了10分前にはほとんど店じまい、気になっててすいてそうなブースを見てたら時間に。

 

 

会場からは一斉に拍手が…ちょっぴり感動しました。

「あぁ…色々なことがあったけど、遂に終わったんだ…」

最早ゲームが完成したぐらいの達成感。まぁ達成感ってだけでゲームそのものは全然完成してないんですけどね。

 

 

来た人ほぼ全てに「年内には第1章をフリーで公開します!」と言い切ったので、作らなきゃなりません。

アレ?このブログで夏休み中に完成させるっていってたような…と気付く方がいるかどうかは知りませんが、今回こそは締め切りを守ります。年末にリリースします!!

 

 

 

 

リリース宣言をしたところでそろそろ締めくくり。

初めてのイベント参加、初めての公開でしたが、様々な人に遊んでいただいて本当に嬉しかったです。

諸事情あって来年の夏ごろには日本での出展などが難しくなりそうなので、完成した暁にはtokyo indiesとかに持ってきたいな…みたいなことも考えられるようになりました。

フォロワーもちょっぴり増えて100人になったし、完全に無名のところからはちょっぴり進歩できた気がします。

 

このブログを読んでくれた人のためにも、完成させます。もう一度いいます…第一章は年末に公開します!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記。

終わった後にますだくんと一緒に遊びました。色々な話が聞けて本ッ当に彼には感謝です。

ゲーム用語が解説なしで通じるのって最高。